バナー
正しい姿勢へ
整体

人間は、2本足で歩行する代表的な脊椎動物です。人は他の脊椎動物と同じように、母親の胎内にいる胎児期には、膝を曲げ、あごを引いて丸まった状態で育ちます。
しかし誕生し、はいはい歩きをし頭を持ち上げるようになった時には、赤ちゃんの首は後ろに反り返った状態になっています。続いて2本足で歩行するようになると、首だけでなく今度は腰の骨が前方に湾曲した状態になります。
これらの湾曲が、その人の体にとって適切であれば、頭の重さや身体の重さを受け止めてくれる都合の良いショックアブソーバーの役割をしてくれ、身体のバランスを上手に保ってくれます。しかし悪い状況で固定されることもあります。身体の重心線は耳を通り、第一第二胸椎の椎体(肩関節ほぼ中央)を通り、そこから仙骨の隆起を通過し、股関節のやや後方から膝関節の前を降り、足の外くるぶしのやや前方を通ります。
さて、思い当たる方もいると思いますが、肩を前にすくめた前かがみの姿勢、頭が前に倒れた姿勢、背中が極端に後ろに曲がりお腹が前に突き出した姿勢の方が大勢いらっしゃいます。長年この姿勢を続ければ、脳がこの状況を無理やり正常な姿勢と誤認してしまいます。
この姿勢を支えるために必要な余計な筋肉の緊張も、関節にかかる負担、しいては内臓にまで与える悪影響をも脳は容認し受け入れてしまいます。
このような悪い状況を脱し皆様が正しい姿勢を保てるよう、勝田整体治療院は皆様の身体のケアをいたします。

【完全予約制】
Tel:045-717-7277

PCサイトはコチラ
勝田整体治療院

直線上に配置
|戻る|

勝田整体治療院.
All Right Reserved.